nano・universe “Holographic Show Window”

nano・universe

2012年9月15-16日に幕張メッセで行われたZOZOCOLLEのnano・universeブースにて展示された Holographic Show Window のプロデュースを担当しました。
透過スクリーンに映像を投影する事で、モデルが空間に突然現れたような存在感を演出し、多くの来場者の目を引く仕掛けとなっています。

洋服のコーディネイト・動き・質感を同時に表現する事で、ブランドのイメージをよりダイレクトに感じてもらう事を目指しました。
従来のマネキンでは出来なかった”動きの中の衣服”をコンセプトに、ファッションイベントにおけるショーウィンドウの形として、新しい展示方法を提示出来たと思います。

DATE

October.10.2012

CLIENT

nano・universe

ブースで映像を使うという条件からイメージを膨らませインタラクティブな施策を下調べしていくうちに、2次元の映像の枠を超えて存在感を演出できる透過スクリーンを使う方向性が定まりました。
プランの締切が迫った頃、映像制作を依頼していた太陽企画のチームから、ショーウィンドウの形にするアイデアが提案され、企画がまとまりました。

06nano-holo_

当日は、感嘆の声をあげてカメラを向ける方や、立ち止まって驚きの表情を浮かべる方も見かけられ、企画に対する反応を直接伺うことができました。
技術とストーリーの演出をうまく組み合わせることで、多くの反応をいただける施策になったかと思います。

03nano-holo

CREDIT

Produce:Naoki Mima
Direction:Takahiro Nagao
Assistant Director:Akihiro Soda

TAG

TOP

>

PROJECTS

>

nano・universe “Holographic Show Window”