神保町ブックセンター

UDS Ltd.

株式会社UDSが運営する、書店と喫茶店、コワーキングスペースの複合施設「神保町ブックセンター with Iwanami Books」の公式サイトのディレクション、情報設計、デザイン、システム開発をハイジ・インターフェイスが担当しました。
神保町によく訪れる本が好きな人にも、まだあまり本に親しくない人にも、広く「新しい本と人に出会うきっかけ」となるようなサイトを目指しました。

DATE

April,2018

CLIENT

UDS Ltd.

岩波書店のイメージを細部まで表現

岩波書店の本が多く揃う神保町ブックセンターには、岩波書店のファンの方も多く集います。

どうしたら本好きの方に親しんで見てもらえるWebサイトになるか。
それを考えるため、現地に赴き、フィールドワークを重ねました。

その結果、神保町に集う本好きな人は、学生から中高年層まで多くいることがわかり、幅広い方々にとって見やすいように設計しました。
また、Webサイトでは本の質感まではなかなか表現できませんが、バックグラウンドカラーやフォントを岩波書店の本で使われているものに寄せて、
本を開いているような世界観を表現しました。

本のように、文字で魅せる

神保町ブックセンターでは、新しい知識や仲間との出会いを大切にしており、定期的に書籍にまつわるイベントが開催されています。
イベントのタイトルがキャッチーなコピーのようなので、一目見てインパクトを与えられるようにしました。
フォントは、岩波書店出版の辞典「広辞苑」で使われているものを採用。
文字の大きさは、運用者さま側で変えられるようにし、それぞれのイベントをどう魅せたいかをコントロールできます。

Webサイトとしての見やすさも維持するため、
リンクボタンのテキストや、各ページのタイトルにはゴシックフォントを使うようにしました。

施設との統一感を

ロゴや、各ページのタイトルサイドに置かれている人のイラスト。
神保町ブックセンター内のサインやメニューなどにも描かれており、Webサイト上でも見せることで、施設との一体感を持たせるようにしました。

CREDIT

Produce : Yasushi Senda
Assistant Direction & Design : Miyu Honda
Planning : Yuka Miura, Miyu Honda
Development : Masaki Saito

TAG

TOP

>

PROJECTS

>

神保町ブックセンター